BBQの豆知識

バーベキューの準備【BBQの豆知識】

バーベキューをする際、「炭の火おこし」や「料理の準備」に追われてしまい、現地で全く遊べないのではつまらないのと、スムーズに後片付けを終えるためにも、「事前にできる準備」や「下ごしらえ」は自宅でやっておく方が良いです。

 

特に日帰BBQでは、現地では 「網にのせて焼くだけ」 というぐらいの下ごしらえをしておくほうが楽です。

 

当日は、クーラーボックス1個で行けるように。ゴミになるものは持っていかないのが鉄則です。

大阪でバーベキューできる人気の公園(西中島地区)でバーベキューを楽しむ人たち

★肉

 

あらかじめ「肉」を「タレ」や「みそ」に漬け込んで下ごしらえしておくのもいいと思います。

それらをクーラーボックスに入れて冷やした状態で持っていきましょう。

 

★野菜類

 

「野菜類」もすぐ調理ができるよう、洗って、切るものは切っておきます。

火の通りにくい「根菜類」や「トウモロコシ」は、あらかじめ茹でたものを用意するといいでしょう。

 

★BBQ=串刺し?

 

BBQというと「肉」や「野菜」の串刺しをイメージされる人もいると思いますが、食材が違えば火が通る時間もかわってきますので、別々にした方が良いです。同じ時間で焼けるもの、例えば、牛肉とズッキーニを串刺しにすると最高です!

 

★飲み物

 

「飲料水」や「お茶類」のペットボトルを凍らせておくと、食材を運ぶ際に「保冷材」の代わりとしても使えますが、膨張するので注意が必要です。

 

★アルミホイル

 

BBQコンロをセットする時に、炭置きの網の下に「アルミホイル」を敷いておくと、コンロに肉汁や油がつかず、手入れが楽になります。

下に溜まった灰もアルミホイルでくるんで片づけられます。

 

★炭ばさみ

 

「炭ばさみ用のトング」は、柄が長めで左右のぶれが少ないものを選んで下さい。

 

★トング

 

トングは2本以上用意して下さい。1本は生肉をつかむトング、もう1本は焼けたあとの肉をつかむトングです。

生肉には、O157などの菌がついていることがありますが、菌は熱する(焼く)ことで死にます。

せっかく焼いて菌が死んでいるのに、焼いた肉を焼ける前のトング(生肉をつかんだトング)でつかむことによって、焼いた肉に菌が移ってしまう可能性があるからです。

 

以上、皆さんがバーベキューをされる際のご参考になれば、と思います。

 

↓BBQ宅配ワールドの濱口政巳です。

20141019_maakun_samikaigan_kurashiki

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は大阪を中心に宅配しています。
*****************

2013-08-06 | Posted in BBQの豆知識