BBQの豆知識

バーベキューの火おこし【BBQの豆知識】

今回は、バーベキューでの「火おこし」について、知っておくと得をするお話しです。

 

●炭を天日干し(前もって!)

 

炭に火がつきやすくするために、バーベキューの準備の際には、一番最初に、炭の袋を開け天日干しをしましょう。(「パチパチ」と音がなり始めたら乾燥が始まった合図です。)

たったこれだけのことでも結構火のつきが違うんですよ!

 

●「風」の力を利用

 

炭をおこす時、「自然の力」を利用すれば、ラクに火をおこすことができます。「風」を利用するのです。

 

「どうやって?」

 

まずは「炭の置き方」!

 

ただコンロに炭を置いて火をつけても、炭はおこせません。

空気が通るように、すき間が開くように炭を置いてください。

 

●「着火剤」を利用

 

「着火剤」を使う時は、着火剤の上に炭を盛るような感じにして下さい。

くれぐれも、炭の上に着火剤を置かないようにしてください。

 

●チムニースターター(火おこし器)がお勧め!

 

この、チムニースターターは、まさに「自然の原理」を生かすために作られた道具なんです。

chimney_starter

これを使えば、火種の古新聞に火をつけるだけで、あとは、何もせずとも勝手に炭が熾ります。うちわも不要!

着かない場合は、古新聞を軽く丸める時にパックの着火剤も数個入れておくと良いですよ。

 

●「着火剤」を使う時の注意点

 

チムニースターターを持っていない人は、前述のように、着火剤を使うと思いますが、使い方を間違うと「大事故」に繋がる場合があります。

特に「チューブの着火剤」を使う時、火がつかないからといって、直接つきかけの炭へ着火剤を絞ると、着火剤を伝って手に持ってるチューブに燃え移り大火傷をしてしまいます。

 

↓BBQ宅配ワールドの濱口政巳です。

shiitake_to_maakun

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は大阪を中心に宅配しています。
*****************

2013-08-12 | Posted in BBQの豆知識