BBQの豆知識

バーベキューの炭の置き方【BBQの豆知識】

バーベキューコンロの炭は、どのように配置していますか?

 

実は、上手に焼くためのコツは、炭の量で火力に強弱を付けることも重要になってきます。

つまり、「強火ゾーン」、「中火ゾーン」、「弱火ゾーン」を作っておく事です。

three_zone_fire

●「強火ゾーン」は、炭を重ねておきます。

このゾーンは、肉の表面を焼き固めて肉汁を閉じ込める時に使います。

 

●「中火ゾーン」は、炭を一段だけ(フラット)にしておきます。

このゾーンは、メインのクッキングゾーンとして使用します。

 

●「弱火ゾーン」は、炭を(ほとんど)おきません。

何故かと言うと、焼きあがった食材をエスケープしておいたり、「間接焼き」の調理に使います。

(「間接焼き」については、「こちら」を参照。)

 

※また、炭をおく板や、コンロの内側などに「アルミホイル」を敷き、一手間をかけることで、落ちる油をキャッチすると、グリルが汚れず、後片付けが楽になります。(⇒「バーベキューの準備」を参照。)

 

↓BBQ宅配ワールドの濱口政巳です。

20141030_maakun_koukyukizai

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は大阪を中心に宅配しています。
*****************

2013-08-17 | Posted in BBQの豆知識