スタッフブログ

京都・鈴虫寺|願い事ひとつ

当店女性スタッフ行きつけ?の神社である、京都「鈴虫寺」へ行ってきました。

なぜかというと・・・どうしても叶えたい願い事があるからです!!

鈴虫寺

秋だけでなく、四季を通じて鈴虫の音色を聞くことのできる境内。それゆえ「鈴虫寺」の名で親しまれています。正式な名称は「 華厳寺(けごんじ)」といいます。

 

「願い事が叶う」と全国から参拝者が集まり、「行列のできるお寺」として有名です。休日は寺の階段の下まで大行列ができます。

願い事をかなえてくれる神社、鈴虫寺

受付を済ますと、ご住職による「鈴虫説法」があります。

鈴虫の音色を聴き、お茶と茶菓子(寿々むし)を食べながら、お寺のことやお参りの仕方、あるいは日々の心の持ち方について聞きます。

この説法は、堅苦しいものではなく、漫談のように軽快で面白く、あっという間に30分が終わります。

京都観光に外せない鈴虫寺

普通仏様は、皆『裸足』ですが、「幸福地蔵様」は日本で唯一、『わらじ』をお履きになられています。

これは、お地蔵様が皆様の所まで願いを叶え、お救いの手をさしのべるために、歩いて来てくださるからなのです。

そのため、お地蔵様にお願いする時は、自分の住所、氏名を伝えること。わらじを履いた幸福地蔵様が道に迷ってしまわれます、とのこと。

願い事は、実現可能なものであること! たとえば、アイドルの○○さんと結婚できますように・・・この願い事はダメです。アイドルの○○さんにも、○○さんの都合があります。その場合は、「自分にふさわしい人と巡り合い、結婚できますように」とすること、とのこと。

鈴虫寺の幸福御守

願い事が叶った人は、鈴虫寺へ御守を返し、また新たに御守を授かって、新たな願い事をします。

私は、大学生時代から現在に至るまで、このお地蔵様に何度も願い事を叶えてもらっています。就職、旅行、資格試験、結婚まで。

行くたびに、すがすがしい澄んだ空気とお寺の生気を吸収し、自分自身を見つめなおすキッカケを与えてくれます。

願うとは、自分を信じること。心に強く思うことは必ず叶うという意味かもしれません。

自分のお願いごと以前に、周りの人や環境への感謝の気持ちを持つことで、回り回って自分へと返ってくるということを改めて感じました。

皆様も、お願い事ひとつを胸に、鈴虫寺を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

◆鈴虫寺拝観◆

時間:午前9時~午後5時まで(入門は4時半まで)
拝観料:500円(茶菓子付)

 

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は大阪を中心に日本各地へ宅配しています。
*****************

2014-02-28 | Posted in スタッフブログ