スタッフブログ

毛馬洗堰の歴史探索|超穴場観光スポット|大阪市北区・淀川

↓「毛馬第一閘門」(けまだいいちこうもん)についての歴史が簡単に書かれています。

毛馬第一閘門

「閘門」(こうもん)とは、水位の違う河川で船を安全に通過させるための施設のことを言うそうです。

パナマ運河なんかもこの方式ですね。

この方式のことを何ていうかは、初めて知りました。

しかももう一つ初めてがありました(ハズカシイ)

「閘門」の読み方(こうもん)についてです。

これだけでも、来た価値があったというものです(笑)

そもそも、ここ「毛馬洗堰」(けまあらいぜき)では、淀川や水の都大阪の今昔、それに大阪城の築城の歴史の一部を知ることができます。

 

↓閘門のしくみについての説明書きです。

閘門の仕組みについての看板です。

新淀川と旧淀川(大川)の間に生じた水位差(約1m)を解消するためにこの二つの門は作られました。

この水門の中に船を入れて出る側の水位に合わせて水門を開けて船を出す。そういう仕組みですね。

閘門の扉についての説明書き看板。

↓旧第一閘門(だいいちこうもん)上流側の制水扉です。

水門

この扉はレオナルド・ダ・ヴィンチが考案した「マイターゲート」と呼ばれる観音開きの扉です。

この扉の特徴は、扉の上部に構造物がないので背の高い船でも通ることができることだそうです。

 

↓旧第一閘門(だいいちこうもん)上流側の制水扉の反対側です。

旧第一閘門上流側の制水扉の写真

この重厚感はすごいです!興味のある方は、ぜひ見学に行ってください。

この写真を撮っている間も観光客は僕一人。

超穴場の淀川観光スポットです(笑)

この辺は、春になると桜がきれいでお花見もできるんじゃないでしょうか?

このすぐそばの淀川河川公園毛馬地区ではバーベキューエリアがありバーベキューを楽しめます。

 

↓閘尾部(下流側)です。

旧第一閘門閘尾部(下流側)の写真

この扉もレオナルド・ダ・ヴィンチが考案したマイターゲートと呼ばれる観音開きの扉です。

 

↓この写真中央付近にある丸いわっか状のものは、「係船環」と呼ばれるロープを使って船を安全につなぎとめておくためのものです。

係船環 扉と扉の間(閘室)の中に停船する船を安全につなぎとめておくためのものです。高いところと低いところに設けられているのは、推移によって船をつなぐ環の位置が変わることをあらわしています。と書かれた看板の写真です。

↓係船環が、それぞれ高さの違うところ3か所にあります。

煉瓦の色が3段階で分かれているのが見て取れる写真です。

これは、水門を閉めて水位を調整した際に使う環が違ったからです。

煉瓦の色が三段階に分かれているのが見て取れます。(上の二段は少しわかりにくいです)

一番下の煉瓦の色が明るいということは、常にこの位置まで水があったんでしょうね。

その上は少し黒っぽくなっている部分は、高い水位に合わせたときはここまでの時が多かったんでしょうね。

それより上の黒い部分は、ほとんど水に浸かることが無かったんだと思います。

 

↓この記念碑は明治43年(1910年)に淀川改修工事完了を記念して建てられたそうです。

淀川改修紀功碑の写真です

明治時代にもこれだけ立派なものを作る技術があったことに驚きです。

この記念碑は、もしかしたら今の工事よりも細部にまでこだわって作っていたのかもしれない。と素人目には映りました。

ここまででも、かなりの時間をかけてじっくりと見ましたが、その間の観光客は僕一人。

これだけの施設を長時間にわたり独り占めできる、何とも贅沢な超穴場観光スポットです。

 

↓お城などの石垣(石積み)好きの僕にはたまらない「毛馬の残念石」についての説明書きです。

残念石についての説明書きの看板

↓残念石の由来についての説明書きをアップしてみました。

osaka_kitaku_kema_13

なんと!1620年以降、大阪城再築時に廃城になった京都伏見城の城石を「再利用」するために運んだもので、その途中に運搬船から転落した石が明治以降の淀川改修工事の時に引き上げられてここに置かれたと推測されているそうです。

ということは、今でも淀川河川敷の西中島地区や枚方地区、高槻地区など京都から大阪までの間の淀川河川の川底や、もしかしたら淀川河川敷の水辺などでも見つかるかもしれないですね!?

 

↓これがその「毛馬の残念石」の一つです。

残念石

一体、どうやってこの形にしたのかを当時の人に聞いてみたいし、その手法を見てみたいです(笑)

ここに載せている写真以外にも時がたつのも忘れて、全部で100枚くらいの写真を撮りました。

その間の観光客は僕だけ。

やはりここ淀川河川敷毛馬洗堰は、水の都大阪を知る「超穴場観光スポット」と言えるでしょう(笑)

春先にはお花見もかねて、この淀川河川沿いにある毛馬洗堰を訪れたいものです。

 

↓筆者のBBQ宅配ワールドの濱口政巳です。

20140518_maakun_hattori_taniai

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は大阪を中心に日本各地へ宅配しています。
*****************

2014-03-21 | Posted in スタッフブログ