スタッフブログ

楽しいバーベキューの記念撮影に一眼レフカメラは必要?

バーベキューの際に、自分で自分を撮影する棒(自撮り棒)を使って、スマホで動画や写真撮影をしているシーンを良く見かけます。

 

少数派ではありますが、デジタル一眼レフカメラで撮影している人も見かけます。

 

スマホのカメラ性能が飛躍的に向上しており、デジタル一眼レフカメラと大差ないのでは?と思っている方も多いと思います。

 

では実際、デジタル一眼レフカメラとの実力差は、どれ位あるのでしょうか?

 

2015年6月12日(金)、iPhone(800万画素)とデジタル一眼レフカメラ(Canon EOS 70D/EFS18-135mm)で、出来るだけ画角などの撮影条件が同じになるように、映り具合を比べてみました。

 

↓iPhone で撮影してみました。

20150612_smartphone_1

↓デジタル一眼レフカメラで撮影してみました。

20150612_canon70d_1

違いは一目瞭然です。

デジタル一眼の方が、綺麗で滑らか。自然な色合いで良い感じにボケ味も出ていて、奥行きのある良い写真が撮れました。

 

↓iPhoneでも、なんとか「ボケ味」を出したいと思って、幾つかの場所で工夫しながら何度も撮り直してみました。その結果、これが限界でした。

20150612_smartphone_2

↓同じ場所から、デジタル一眼で撮ってみました。

20150612_canon70d_2

iPhoneでボケ味を出そうと、頑張って何枚も撮り直しましたが、残念ながら私の撮影技術が未熟なのか、ボケ味というよりも、ピンボケのような写真になってしまいました。

 

スマホだと、ボケ味を出すことも、極めて難しいということがわかりました。

 

今回の結果を踏まえて、私独自の視点で、デジタル一眼レフカメラは必要か?について、以下のとおりまとめてみました。

 

【◎スマホカメラの良いところ】

●手軽で簡単に写せる

●撮ったその場でLINEやfacebookなどのSNSで共有出来る

 

【◎デジタル一眼レフカメラの良いところ】

●画質が滑らかで鮮明

●ボケ味が出て、奥行きが出る

●高級感が出る

●レンズを変えると、いろんな写真を楽しめる

●カメラ自体にWi-Fi機能がある機種や、Wi-Fi機能内蔵のSDカード(Eye-Fy mobi(アイファイモビ)カード等)もあるので、スマホと連動することもできる

 

【△デジタル一眼の弱点】

●スマホほど小さく、軽くないから、手軽に持ち運べない

 

【結論】

デジタル一眼レフカメラは、一台は持っておいた方が良い

 

【編集後記】

●今回感じた事は、双方のメリット、デメリットを考えると、手軽に持ち運べて、さっと取り出す事の出来るスマホと、綺麗に思い出に残せるデジタル一眼レフカメラの両方があれば、文句なしだと思います。

 

●最近は、Wi-Fi機能が付いたデジタル一眼レフやSDカードもあるので、比較的簡単に共有できるので、スマホと連動させることで、よりきれいな画像を残すことが出来ると思います。

 

●バーベキューのみならず、お子様の成長の記録など、思い出に残したい記念の一枚こそ、スマホではなく、デジタル一眼レフカメラで撮影したいものです。

 

●デジタル一眼レフカメラは、ピンキリです。まずは入門機(レンズ付きで7万円程度)を選ぶのもアリだと思いますが、入門機より、ワンランク上の一眼レフ(本体価格のみで約10万円)の方が、更に良い画像が撮れ、コストパフォーマンスも高いのでオススメです。

 

↓このブログを書いた、BBQ宅配ワールドの濱口政巳です。

20150612_banpaku_taiyo_maakun

【お知らせ】

当店では、日本で唯一(※)お客様がバーベキューを楽しんでいるご利用風景や集合写真の撮影を、デジタル一眼レフカメラで行っています。

 

※当社独自の調査による

 

★どうか写真を含め無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの場所取り~後片付けまでお任せ!記念写真もプロのスタッフがデジタル一眼レフカメラで無料撮影!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)は大阪を中心に日本各地へ宅配しています。
*****************

2015-06-12 | Posted in スタッフブログ