スタッフブログ

カンニストンレイポモ|老舗パン屋のシナモンロール|ヘルシンキ

フィンランドで楽しみにしていた食べ物の一つに、「シナモンロール」があります。

 

シナモンロールは、フィンランド人の朝食やコーヒーブレークのおやつにも欠かせない定番のパンです。(フィンランドは、コーヒーの一人当たりの消費量世界第2位です。)

 

シナモンとカルダモンの甘い香りと、上にまぶした大粒の砂糖、そしてビックリするほどの大きさが特徴です。

 

フィンランド滞在中の約1週間、パン屋さん、カフェ、スーパーマーケット、デリなど、いろいろなところでシナモンロールを食べましたが、一番美味しかったのは、Kanniston Leipomo(カンニストンレイポモ)というパン屋さんのものでした。

 

↓Kanniston Leipomo(カンニストンレイポモ)です。

20151216_kanniston_leipomo_1

カンニストンレイポモは、1914年創業の老舗のパン屋さんで、地元の人に大人気!

 

ヘルシンキ市内に5店舗あり、ここは、ハカニエミ・マーケットの近くの店舗です。ほかに、ヘルシンキ中央駅近くにも店舗があります。どちらの店舗もトラムからのアクセスが良く、観光のついでに寄って、テイクアウトできます。

 

このハカニエミの店舗は、椅子とテーブル(カウンター席のみ)があり、イートインもできます。

 

ちなみに「Leipomo」(レイポモ)とは、フィンランド語で「パン屋さん」の意味。パン好きの私は、フィンランド滞在中、このLeipomoの表示を探しては、「パン屋さんだ!」を連呼していました。

 

↓これが、地元紙で1位に選ばれた、Kanniston Leipomo(カンニストンレイポモ)のシナモンロール(€2.30)です。

20151216_kanniston_leipomo_2

シナモンロールの大きさは、手の平より大きく、ずっしりとしていて食べごたえがあります。外側の生地は固めでサクサクとしていて、その歯ごたえが病み付きになります。中はしっとりとしています。

 

これは、日本にはない味だと思います。

 

甘すぎないので、コーヒーとの相性も最高です。一つが大きいので、一つで結構お腹一杯になります。

 

★シナモンロールの豆知識★

シナモンロールの発祥はフィンランドではなく、お隣のスウェーデン。

そして、シナモンロールはフィンランド語で「コルバプースティ」=「平打ちされた耳」という意味で、まさにその形どおりのネーミングです。

 

↓シナモンロール以外のパンも良い顔をしています。

20151216_kanniston_leipomo_4

↓クリスマス前ということで、こんな可愛らしいスノーマンのパンもありました。

20151216_kanniston_leipomo_3

店内の写真は撮りませんでしたが、店内のインテリアもオシャレです。

 

ここハカニエミの店舗は、宿泊先のヒルトンにも近かったので、帰国日の朝にも寄り、シナモンロールを1個買って飛行機に乗りました。

 

もっと買っておけば良かった!と買いだめしたくなるほど美味しかったので(日本に持って帰ったシナモンロールは、やはり少し固くなっていたので、やはり焼き立てが一番です)、是非、ヘルシンキに行くときは、一番近いカンニストンレイポモを探して行ってみてください。

 

※2015年12月16日現在の情報です。

 

※どうか写真を含め無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの場所取り~後片付けまでお任せ!記念写真もプロのスタッフがデジタル一眼レフカメラで無料撮影!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)は大阪を中心に日本各地へ宅配しています。
*****************

2015-12-16 | Posted in スタッフブログ