スタッフブログ

多井畑厄払八幡宮(世界最古の厄払の聖地)|神戸市須磨区

無料でバーベキューが楽しめる「奥須磨公園」の隣には、神戸で有名な厄除け神社「多井畑(たいのはた)厄払八幡宮」があります。

 

【世界最古の厄払の聖地・多井畑厄払八幡宮について】

多井畑厄除八幡宮は、多井畑の厄神さんの愛称で親しまれています。

 

現在の兵庫県神戸市須磨に配流された在原行平や、一の谷の合戦の際には源義経が祈願したといわれており、日本最古の厄除けの霊地と伝えられている神戸の厄神さんです。

 

770年(神護景雲4年)6月に疫病が大流行し、それを鎮めるために五畿内(大和、山城、河内、摂津、和泉)の国境10ヶ所に疫神を祀り、疫祓いが行われました。多井畑厄除八幡宮は古山陽道の摂津と播磨国の国境に位置していたため、その一つとして疫神が祀られたと伝えられています。

 

毎年1月18日から20日の3日間に渡って厄除祭が行われ、厄年のお祓いや疫病退散、病気平癒の祈願と厄除けに多くの参拝者で賑わいます。(多井畑厄払八幡宮HPより)

 

【多井畑厄払八幡宮へ参拝】

↓鳥居です。

20160512_tainohata_2_logo

↓参道筋です。本殿まで150段と長い階段を上ります。「日本最古の厄払の聖地」とのことで、歴史の深さを感じながら、本殿を目指します。

20160512_tainohata_4_logo

↓二の鳥居です。

20160512_tainohata_5_logo

↓拝殿(写真中央)が見えてきました。

20160512_tainohata_6_logo

↓拝殿の左手前にある手水舎。

20160512_tainohata_7_logo

↓拝殿です。

20160512_tainohata_8_logo

20160512_tainohata_9_logo

↓境内には百度石がありました。お百度参りの往復の標識です。

20160512_tainohata_10_logo

本殿は修理中でブルーシートがかかっており、残念ながら見ることはできませんでした。

 

平日ということもあり、ひっそりと静寂につつまれていましたが、厄神祭の日は、大勢の参拝客で賑わい、交通規制がしかれるようです。

 

奥須磨公園とセットでぜひ参拝してみてください。

 

◆施設情報◆

◇名称:多井畑厄払八幡宮
◇住所:神戸市須磨区多井畑字宮脇一番地
◇電話:078-741-0827
◇アクセス(電車):JR神戸線「須磨駅」、山陽電鉄「山陽須磨駅」または神戸市地下鉄「名谷駅」からバスで約15分「多井畑厄神」下車すぐ
◇駐車場:300台(無料)

 

↓多井畑厄神の駐車場は16時に閉鎖され、それ以降は出庫できないので注意が必要です。

20160512_tainohata_12_logo

※投稿日:2016年5月12日

 

※皆さんのお役にたてるよう、熟慮の末の記事です。どうか写真も含め無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの場所取り~後片付けまでお任せ!記念写真もプロのスタッフがデジタル一眼レフカメラで無料撮影!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)は神戸市へも宅配しています。
*****************

2016-05-12 | Posted in スタッフブログ