スタッフブログ

小さな水族館「かにっこ館」|鳥取を観て楽しめる|入場無料

鳥取県観光の一押しは、「鳥取砂丘」ですが、砂丘の次におススメなのが、鳥取市賀露町にある「かにっこ館」です。

 

かにっこ館は、「見て」「ふれて」「体験できる」鳥取名産のカニが主役の小さな水族館(入場無料)で、カニ以外にも、鳥取近海の珍しい生物を展示しています。

 

↓タカアシガニ。全長1メートルもあるのに、まだ子供のカニだそうです。

20160615_kanikkokan_tarabagani_logo

↓こんなカニ、初めて見ました!

20160615_kanikkokan_kani_logo

カニがどこにいるか分かりますか?写真中央下の砂の上にいます。

 

この日のカニたちのエサは、ちいさく刻んだアジとのこと。かにっこ館の職員の方と、身近にお話できるのもいいですね。

 

↓ミズヒキガニ(水引蟹)です。蜘蛛の脚のように細い脚で、すいすい移動。

20160615_kanikkokan_mizuhikigani_logo

↓ミズヒキガニの説明です。まさしく「究極のダイエット」!!

20160615_kanikkokan_mizuhikigani_setsumei_logo

かにっこ館は、カニだけではありません。カニ以外にも珍しい魚などが大集合!

 

↓この親指ほどの大きさのかわいい魚は何ですか?

20160615_kanikkokan_kobuhuusen_uo_4_logo

↓「こぶふうせんうお」というとっても珍しい魚で、かにっこ館イチオシ!展示している水族館がほとんどない、とのことで、来た甲斐を感じます。

20160615_kanikkokan_kobuhuusen_uo_setsumei_logo

↓お腹の吸盤でくっついていたけど、泳ぎだしました!

20160615_kanikkokan_kobuhuusen_uo_5_logo

↓「さかなクン」もかわいい♡と大興奮する様子が目に浮かんできそうです。

20160615_kanikkokan_kobuhuusen_uo_sakanakun_logo

珍しい魚の次は、鳥取ならではの、この子です!

 

↓おばあちゃんにそっくりな顔をしていることから、地元では「ばばあ」「ばばちゃん」と呼ばれている、鳥取の名物となった深海魚です。

20160615_kanikkokan_babaa_logo

ばばあの正式名称は「たなかげんげ」。エサの少ない深い海で生き抜くために、口が大きくなったそうです。このばばあ、鍋に入れて食べると、意外に淡泊で美味しいんです。しかもコラーゲンたっぷり!

 

↓海のギャング、ウツボです。人の指を食いちぎると言われている、この鋭い歯!口を開けた瞬間が撮れました!

20160615_kanikkokan_utsubo_logo

↓とても大きなタコ。2メートルくらいありました。

20160615_kanikkokan_tako_logo

沢山ある大きな吸盤が特徴的です。

 

↓そのタコが嫌う「イソギンチャク」を貝殻につけることで、タコから身を守っている「やどかり」です。

20160615_kanikkokan_isoginchaku_setsumei_logo

イソギンチャクにとっては、食糧にありつく機会が増えるためヤドカリとイソギンチャクは、持ちつ持たれつ「共生」の関係です。

20160615_kanikkokan_isoginchaku_logo

↓ちいさなフグです。ミドリフグという名前です。歯を出した姿がかわいい。

20160615_kanikkokan_hugu_logo

↓ぷっくりとした口に、ぷっくりとしたお腹。癒し系ボディーです。

20160615_kanikkokan_hugu_2_logo

↓アニメ「ファインディング・ニモ」で有名になった「クマノミ」です。よく動くので、君にピントを合わせるのに一苦労!

20160615_kanikkokan_nimo_logo

↓カニの脱皮シーンの放映もあります。見入ってしまいます。

20160615_kanikkokan_dappi_logo

この他にも、ヒトデなどと触れ合える「ふれあい水槽」、建物の外にある、水の中で魚と遊べる「タッチングプール」などもあります。

 

【コメント】

カニや魚など全ての展示物には、フリガナ付きで説明があり、また、子供にも分かりやすい説明となっています。カニにまつわるクイズなども用意されており、好奇心旺盛な子供たちはもちろん、大人も興味が持てるように工夫されています。

 

「イソギンチャクがボディーガード!?」、「究極のダイエット」など、興味をそそるキャッチも良いと思います。

 

これにプラス英語の説明もあると、海外からのお客様を呼ぶ地域振興の起爆剤になると考えます。

 

このように、子供だけではなく、大人も楽しめるクオリティーの高い水族館が無料(駐車場も無料)なのは嬉しいです。

 

また、写真好きの方にもおススメです。海遊館など大型の水族館と違って、こじんまりとしているので、比較的マイペースにシャッターを押せます。

 

そして、捨てられた亀、安易な気持ちで手を出した熱帯魚の飼育の放棄など、昨今のペットブームに警鐘を鳴らす説明などもあり、心打たれます。もっと多くの人に訪れてほしいと思う水族館です。

 

かにっこ館に行ったら、隣接の魚市場「かろいち」内のレストラン(海鮮丼など)やジェラート屋さん、カニや地元の新鮮野菜の直売、食のみやこ鳥取「わったいな」で鳥取土産のショッピングなどもあわせて楽しめます。

 

鳥取出身者イチオシの「かにっこ館」です。初めて連れていくと、「無料だから期待してなかったけど、おもしろかった」という感じで喜んでくれる人が多いです。皆さんもぜひ訪れてみてください。

 

◆施設情報◆

◇名称:鳥取県立とっとり賀露かにっこ館
◇住所:鳥取県鳥取市賀露町西3-27-2
◇電話:0857-38-9669
◇休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
◇開館時間:午前9時~午後5時(1/1、1/2は午前10時~午後4時)
◇入館料:無料
◇駐車場:無料(土日祝は、隣接の施設と兼用の駐車場なので、満車になることが多いです。)

20160615_kanikkokan_gaisou_logo

※2016年6月15日現在の情報です。

 

※皆さんのお役にたてるよう、熟慮の末の記事です。どうか写真も含め無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの場所取り~後片付けまでお任せ!記念写真もプロのスタッフがデジタル一眼レフカメラで無料撮影!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)は鳥取市へも宅配しています。
*****************

2016-06-15 | Posted in スタッフブログ