スタッフブログ

琵琶湖スポーツランド|滋賀県大津市

滋賀県大津市にある、カートコース「琵琶湖スポーツランド」を紹介します。

 

琵琶湖スポーツランドは、滋賀県・琵琶湖大橋の西側、前方には琵琶湖、背景には比叡山系の山並みが眺望できるレーシングカート、2輪、スーパーモタードのコースです。

 

↓カートを持ち込んでの走行風景です。

琵琶湖スポーツランドで疾走するカート

【琵琶湖スポーツランドの紹介】

琵琶湖スポーツランドでの楽しみ方は、大きく2種類あります。

1.レーシングカート、キッズカート、スーパーモタード、ミニバイクを持ち込んでの走行
2.レンタルカートでの走行

 

【琵琶湖スポーツランド・カートコースの特徴】

2本の長いストレートと低・中・高速コーナーで作られたバランス度の高いテクニカルコース。いかにエンジンの回転を落とさず、タイヤを滑らさずに、なめらかに走れるかがタイムアップのカギ。コース幅、エスケープゾーン共に広く安全に走行していただけます。

 

【タイム計測システム】

走行中のタイムを1000分の1秒単位で計測します。周回毎のタイムが電光掲示板に表示され走行中に確認できます。走行後にタイムシートをお渡しします。

 

【コースデータ】
全長:890m
幅員:8~10m
最大直線距離:116m
ピットロード幅:2m
最大曲線半径:17m
最小曲線半径:8R
パドック面積:2,100㎡

 

【主な会場設備】
パドック:250台
駐車場:400台
観客席:1,000人
コンプレッサー
更衣室
売店

 

【琵琶湖スポーツランドの各施設紹介】

↓琵琶湖スポーツランドのアクセスマップです。県道477号「真野途中線」からエントリーすることを推奨しています。
琵琶湖スポーツランドへのアクセスマップ

名神高速・京都東インターチェンジより25分、湖西道路、真野ICより10分のアクセスの良さも魅力的です。

 

↓入口のすぐ左手に広がるのは、レンタルカートコースです。コースは、タイヤのバリケードで囲まれています。

一般駐車場は、入口入ってすぐ左のフェンス沿いを進んだ先にあります。持ち込みカートの方は、右手の上り坂へと進みます。

 

↓右手の上り坂へと進むと、このように右手にピットレーン、左手に貸しガレージが並んでいます。

琵琶湖スポーツランド入口に一番近いピット付近から撮影。奥には3階建てのコントロールタワーが見える

 

↓ピットレーンの中央付近にある、3階建ての建物がコントロールタワーです。

琵琶湖スポーツランドの3階建てのコントロールタワーと周辺のピット

 

↓コントロールタワーの前、更衣室の右手奥が受付です。

琵琶湖スポーツランドの更衣室と受付

 

↓ピットの様子です。

琵琶湖スポーツランドのピットでカートの手入れをする人たち

コントロールタワーを挟んで2カ所に分かれたピットの両端に、2階の観覧席へと続く階段が合計4カ所有ります。

 

昼食にピット付近でバーベキューを楽しむこともできます。ミニバイクやカート走行とあわせてバーベキューを楽しみたい方は、予約時など事前に、琵琶湖スポーツランドのスタッフの方に申し出ておきましょう。

バーベキューには、レースでの熱いバトルでヒートアップした皆さまの熱いハートを笑いに変えるコミュニケーションの力が有ります。

お昼御飯はバーベキューだけでなく、各自でお弁当を用意してもokです。

 

↓2階の観覧席から見えるメインストレート。

琵琶湖スポーツランドの2階観覧席からメインストレートを望む

コース全体が見渡るので、上級者のコース取りもしっかりとチェックできます。

 

↓水道と階段下にあるのがトイレです。

琵琶湖スポーツランドの水道とトイレ

ウォッシュレット付きで、綺麗に手入れしてくれています。

 

↓ソフトドリンクの自動販売機とダストボックスです。

琵琶湖スポーツランドの自動販売機と空き缶入れ

 

↓メインストレートからは、比叡山系の山並みが見えます。

琵琶湖スポーツランドのコース側からコントロールタワーと比叡山系の山並みを望む

 

↓なんとも気持ちよさそうに走っています。

琵琶湖スポーツランドでカートを持ち込んで走行する大人たち

カートの体感速度は自動車の2倍以上とも言われています。

 

↓キッズカートを持ち込んで走行している様子です。

琵琶湖スポーツランドで持ち込みキッズカートで走行する子供たち

子供たちの一生懸命運転している様子が、とても可愛らしかったです。

 

↓駐車場からは、このように琵琶湖を眺めることが出来ます。

琵琶湖スポーツランドの駐車場から見る琵琶湖や大津市街の街並み

 

◆施設情報◆

◇名称:琵琶湖スポーツランド
◇住所:滋賀県大津市伊香立下竜華町673-1
◇電話:077-598-2888
◇定休日:なし
◇走行時間:9:00~17:00
◇走行資格:JAFもしくはSLライセンス所持者(※)

 

 

トップレーサーを夢見る子供から、趣味として楽しむ大人まで、年齢・性別問わず、レンタルカートで気軽に体験する楽しみ、カートレースや練習走行を観る楽しみ、それがレーシングカートの魅力のひとつです。

あなたも、まずはレンタルカートで気軽にモータースポーツの楽しさを味わってみませんか?

 

(※2)SLライセンス、JAFライセンスとは

●JAFライセンスは、本格的なレース競技者向けのライセンスです。そのため、一般のホビーレーサーにとってはややオーバースペックなものとなっています。そこでSLカートクラブが独自に発給を開始したのが「SLライセンス」です。

●SLライセンスは、趣味としてレースを楽しみたい人向けのライセンスです。

団体名の「SL」はSPORT & LEISUREの略です。

SLは、ヤマハ発動機が中心となって創立した『ヤマハSLカートクラブ』と、全国のレーシングカートコースが加盟する『日本カートランド協会』の2団体を2006年に統合する形で創立されました。

SLは、JAFに加盟していることもあり、JAFとの関係は良好です。JAFとは別個に独自ライセンスを発給しているとはいえ、JAFの公式ホームページの中で「趣味としてレースを楽しみたい人向け」としてSLライセンスを紹介しており、日本国内ではJAFライセンスと並びレーシングカート界の2大ライセンスの一つとしての地位を確立しています。JAFのカートライセンスは満10歳にならないと取得できないのに対し、SLライセンスはヤマハの「TRYカートスクール」受講者であれば満8歳から取得が可能です。SLカート出身の有名ドライバーとしては、小林可夢偉さんなどがいます。

(ここまでの記事は、琵琶湖スポーツランド、一般財団法人日本モータースポーツサイクル協会、Wikipediaより抜粋及び加筆)

 

【琵琶湖スポーツランドでのバーベキューレンタルサービスについて】

当店「BBQ宅配ワールド」は、「琵琶湖スポーツランド」にもバーベキュー器材やお肉などのバーベキュー食材の宅配をしています。ミニバイク&カートレースの際、ご希望の時間に焼き始められるように、バーベキューのセッティング(準備)を行います。

 

↓このブログを書いたBBQ宅配ワールドの濱口政巳です

大阪のバーベキューレンタル専門店BBQ宅配ワールドの濱口政巳がテンガロンハットをかぶっている写真

「琵琶湖スポーツランド」で、「手ぶらでバーベキュー」を楽しむには、バーベキューコンロなどバーベキュー器材、お肉などのバーベキュー用食材の宅配、火起こし、後片付け、ゴミの回収はもちろん、バーベキューだけでなく記­念写真もプロのスタッフによる、デジタル一眼レフカメラでの無料記念撮影までついたフルサポートの「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)までご連絡ください(完全予約制)。

スマートフォンで撮影する写真とは違い、カートレース、バーベキューの楽しかったひと時をより鮮明な思い出として残せますよ。

※投稿日:2016年12月24日

 

※皆さんのお役にたてるよう、熟慮の末の記事です。どうか無断転載はご遠慮ください。)

 

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もプロのスタッフがデジタル一眼で無料撮影!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」(TEL:06-6437-3329)は琵琶湖スポーツランド(滋賀県大津市)へも宅配しています。
*****************

2016-12-24 | Posted in スタッフブログ