スタッフブログ

弘法の湯|源泉かけ流しの小さな貸切温泉|和歌山県串本町

●弘法の湯とは?

 

本州最南端、和歌山県串本町にある100%源泉かけ流しの小さな温泉浴場です。

平屋建ての屋内には小さな浴室が二つ。槙(イヌマキ)の木の浴槽があり、いつもお湯が満々と溢れています。

先着順(予約不可)で2つある浴室は、貸切のみでの利用となります。一人で入るもよし、家族や友人と気兼ねなくのんびりと温泉が楽しめます。

 

↓浴室の窓を開けると、このように太平洋と紀伊大島が一望でき、露天風呂の気分も満喫できます。

弘法の湯からの眺望

●弘法の湯までのアクセス注意点

 

串本町の観光名所「橋杭岩」から自動車で1分弱の所のところにあります。

特に目立つ看板があるわけでもなく、しかも建物が国道よりも低い位置にあるなど非常に分かりにくいため、初めて訪れる際は特に注意していないと通り過ぎてしまいます。

 

↓国道42号線沿い、橋杭岩の近くにある、この大きな先のとがった岩と、すぐ脇にある赤い壁の神社が目印です。

弘法の湯の看板

↓大きな岩の脇に「弘法の湯」と温泉マークが特徴的な、この小さな看板のある場所が駐車場(3台)です。

弘法の湯の看板

注意!駐車場は、ここしかありません。

 

↓「弘法の湯」は、このやや急なスロープを降りた右手にあります。(写真中央のレンガ色の屋根の平屋建ての一軒家)

駐車場から弘法の湯へと続く道

↓スロープを降りたところにある、こちらが入口です。

弘法の湯の建物

繰り返しになりますが、このように弘法の湯は、国道よりも低い位置にあるので、建物を探すのではなく、あの看板と先のとがった大きな岩を目印にしましょう。

 

【温泉成分分析】

 

・泉 質:単純泉(緩和性、低張性、微温泉)
・効 能:慢性関節リュウマチ、慢性神経リュウマチ、神経痛、神経炎、疲労回復、運動機能障害など(飲用すれば、胃腸病にも効果あり)

 

※硫黄の香りは、ほとんどしません。

※源泉温度が低いため、加温されています。

 

【弘法の湯~その伝説〜】

 

昔この辺の村々に難病がはやり、村人たちが病に苦しんでいたところ、人々の夢枕に雲水が立ち、この杖の指すところに湯が湧き出ている。この湯は万病を癒すとのお告げがありました。

さっそく、村人たちは手分けをして探したところ、姫の方から1番目の大岩の1丈(3m)位の高さの側面に両足跡と杖の跡があり、この岩の下の割れ目から湯が湧き出ていました。

村人たちは、湯を飲んだり、汲んで浴びたりしたところ、病はたちどころに治りました。

以来この岩を「弘法岩」と、温泉を「弘法湯」と呼ぶようになりました。

 

◆施設情報◆

◇名称:弘法の湯
◇住所:和歌山県東牟婁郡串本町姫
◇アクセス:串本町コミュニティーバス佐部・上田原線「橋杭岩」下車、徒歩3分
◇アクセス(電車→車):JR紀勢本線「御坊駅」より車で10分
◇駐車場:無料(3台)
◇営業日:火・木・土・日曜日(定休日:月・水・金曜日)
◇営業時間:13:30~19:30
◇利用料:大人:500円、小人:150円
◇洗髪料:100円
◇問い合わせ先:0735-62-0654

 

 

【コメント】

 

硫黄の香りは無いに等しいですが、100%かけ流しで気持ちよく入浴できました。

予約はできませんが、待ち時間も受付のおばちゃんとお話していたらあっという間に自分の順番が来たので、苦になりませんでした。

この周辺にある、「南紀勝浦温泉」や「きよもん湯」などとは違った良さがあります。

皆さんもその良さを体験するために、一度足を運んでみてください。

訪れる際は、営業日と営業時間を確認してください。

 

※このブログは、串本町観光協会の記事を参考にしました。

 

※投稿日:2017年7月11日

 

※皆さんのお役にたてるよう、熟慮の末の記事です。どうか写真を含めて無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は和歌山県東牟婁郡串本町へも宅配しています。
*****************

2017-07-11 | Posted in スタッフブログ