スタッフブログ

つくも食堂|釜飯と胡麻豆腐が美味しい店|和歌山県・高野山

関西の紅葉の名所である高野山。観光地とあって沢山の食事処があり迷いますが、その中でもランチにおススメのお店を紹介します。

 

釜めしが名物の「つくも食堂」です。

 

↓高野山の大門近くにあります。

高野山つくも食堂の外観

↓メニューです。

高野山つくも食堂のメニュー

釜めし定食は、山菜、しめじ、地鶏、じゃこ、肉(牛肉)の5種類が定番であります。

あとは、季節の釜めしが、竹の子(春)、秋(松茸)があり、ともに価格は「時価」です。

 

山菜と地鶏の釜めし定食を注文しました。

山菜の釜めしは、ぜんまい(高知県産)以外は地のモノ。地鶏は紀州産(無い時は宮崎産)。とのことで、安心して注文しました。

 

↓各種釜めし定食には、胡麻豆腐、お味噌汁、漬物が付きます。

高野山つくも食堂の釜飯定食

↓地鶏の釜めし定食です。

高野山つくも食堂の地鶏釜飯

↓山菜の釜めし定食です。開いた瞬間に、山菜の良い匂いが漂います。

高野山つくも食堂の山菜釜飯

↓いずれも、美味しいおこげ付きです。

高野山つくも食堂の山菜釜飯椀

釜めしは、優しい味で、消化に良さそうな柔らかさです。人によっては柔らかすぎると感じるかもしれません。

 

胡麻豆腐もとても美味しかったです。つくも食堂の胡麻豆腐は、徒歩5分の所にお店を構える「角濱(かどはま)」さんの胡麻豆腐です。持ち帰り用のパックではなく、作りたての新鮮なものをいただけるのも嬉しいです。

 

※胡麻豆腐とは?

 

精進料理のひとつで、奈良県および和歌山県の郷土料理として有名です。また、名前に「豆腐」とありますが、一般的な大豆を原料とする豆腐ではありません。原材料は、ごまと葛粉のみ。添加物無しでシンプルな味わいです。

 

手作りのお漬物と、ダシの味が効いたお味噌汁も美味しく、釜めしの美味しさを引き立てているようでした。

お味噌汁の汁椀は、昭和の時代に、おばあちゃん家にあった小さなお椀で、懐かしかったです。

 

↓店内の様子です。お客さんは常連さんから、観光客、欧米人観光客と多彩でした。

高野山つくも食堂の店内

↓当日でも電話予約可能です。

高野山つくも食堂座敷席

お店はコンパクトにまとまっています。テーブル席(4人)×3、テーブル席(6人)×1、座敷席(4人)×2、合計26人入ると一杯になるお店です。

平日でもお昼時には満席で、お店の外には行列ができます。

 

【コメント】

 

高野山の食事で、王道と言えば、精進料理です。

しかし、朝から歩き疲れた体に精進料理では、午後からの観光に力が出ないと思い、それ以外のお店を探してみました。

 

つくも食堂は、明るいお母さん(80歳超)と娘さんで経営されています。あったかいお茶がなくなっていないか、釜めしを持って帰る場合は、食卓の脇に置いてあるラップと小袋を使ってください、と心遣いがあたたかいです。

 

駐車場はお店の脇にありますが、2台のみ。高野山には無料駐車場が多数あるので、そちらに停めてから散歩がてら徒歩で行くことをおススメします。

 

◆施設情報◆
◇名称:つくも食堂
◇住所:和歌山県伊都郡高野町高野山243
◇電話:0736-56-2212
◇アクセス(電車→バス):高野山駅から南海りんかんバス「大門」下車徒歩3分
◇定休日:木曜日
◇営業時間:10:30~16:00
◇駐車場:お店の裏に2台有り

 

 

※投稿日:2017年11月4日

※どうか写真を含めて無断転載はご遠慮ください。

 

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキューレンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は高野山へも宅配しています。
*****************

2017-11-04 | Posted in スタッフブログ