スタッフブログ

京都で美味しい老舗のうな重「味彩のと与」|京都市・錦市場

京都で鰻といえば錦市場にある「のと与」さんです。静岡県浜松市の鰻屋さん「かんたろう」に次ぐ美味しさ!

 

観光地価格の京都にしては、うな丼2,500円と値段もそれほど高くなく、パリッパリッふっくらなうな重が気軽に食べられるおススメのお店です。

 

京の台所・錦市場は、アジア圏を中心とした外国人観光客が半数以上を占めていました。年末で賑わう錦市場の人込みをかき分け、目指すは美味しいうな重!

 

1階は、鰻や鮎などの川魚の鮮魚店(1912年(明治45年)創業)。その鮮魚店が運営するうな重のお店「のと与」は、2階にあります。

鰻屋のと与の外観

お昼は平日でしたが、2階へ続くこの階段に行列が出来ていました(写真はランチ時間終了後のもの)。

鰻屋のと与の2階席階段

行列客も、外国人観光客の方が半数以上と、多かったです。

 

待っている間、階段の壁にある、こちらのメニューを見て、何を注文するか決めておくと、良いかもしれません。

鰻屋のと与のメニュー

入口の前で待っている間、鰻の串打ち、焼きの様子をガラス越しに見ることができます。このお店は注文を受けてから、生から鰻を1200℃を超える炭火で20分ほど焼きあげるとのことです。

鰻屋のと与の鰻を刺す店員

備長炭の炭火で焼かれた鰻の良い香りが、店外へも漂ってきそうです。

鰻屋のと与の鰻を焼く店員

店内のメニュー表です。日本語版には料理の写真が載っていませんでしたが、こちらの英語と中国語表記版には写真有り。

鰻屋のと与の店内メニュー

一番人気は、「うなぎ一本のせ丼(鰻肝入りお吸い物、漬物付き)」4,000円。1,000円プラスするだけで、う巻やデザートが付く「うなぎ御膳」を注文しました。

 

「うなぎ御膳」です。まず、先付と、う巻が出てきました。こちらを食べて鰻の焼き上がりを楽しみに待ちます♪

鰻屋のと与の鰻御膳1

先付(うなぎ肝の煮付けと、小鮎の煮付け)は、どちらも濃い味付けで、お酒のアテにピッタリ。う巻(うなぎ入りの出汁巻き)は、出汁は控えめで、うなぎがふんわり柔らかくて美味しい。

 

そしていよいよ、うな重とお吸い物が運ばれてきました。今回は1本乗せを頼みました。

鰻屋のと与の鰻御膳2

鰻が重なり合ってご飯の上に乗っています。最初はパリッという食感、そのあと脂がのったふっくらと柔らかな身が味わえます。甘辛のタレが絡んで、幸せなうまさが口一杯に広がります。

鰻の肝入りのお吸い物も、肝が大きく、とても美味しかったです。

この日のデザートは、パイナップルと自家製のミニ黒糖プリンでした。濃厚な鰻を味わった後に、さっぱりとした果物と甘いプリンも良かったです。

 

こちらは、ひつまぶし定食(平日限定)です。

鰻屋のと与「ひつまぶし定食」

鰻の食感はそのままのミニセット。錦市場で食べ歩きをする方や、女性にはちょうど良い量です。

 

店内はまさしく京都の町屋。改築して綺麗になっていますが、築100年以上と趣があります。

 

テーブル席と、奥には小上りの掘りごたつ席もあります。合計24席とこじんまりとしています。

鰻屋のと与の内観

のと与の営業時間は、午前11時~午後3時。定休日は水曜日。鰻は愛知県豊橋産です。

鰻屋のと与の鰻は愛知県産

1階の鮮魚店では川魚以外にも、鰻のかば焼き、スズメやうずらの焼き鳥を販売しています。

鰻屋のと与の店頭販売

スズメのかば焼き。通りすがりの外国人が、「Oh! sparrow!」と驚いていて、注目度ナンバーワンでした!

鰻屋のと与のスズメ焼き

【うな重「のと与」へ車で行く方へ】

 

車の方は、「京都錦市場商店街振興組合共同駐車場」(富小路四条上る西側)が近くて安いです。富小路通は北からの一方通行なので、富小路通を四条通方面に南下してください。右手に駐車場入口があります。

 

※「のと与」のような錦市場商店街のお店1店舗で500円以上の買物をしたら、100円割引きになります。1時間以内は400円(通常500円)、2時間以内は600円(通常700円)です。

 

*****************
★バーベキューの準備~後片付けまでお任せ!記念写真もステキに残します!★
大阪のバーベキュー出張レンタル専門店「BBQ宅配ワールド」は京都市へも宅配をしています。
*****************

2018-12-28 | Posted in スタッフブログ